森見登美彦『夜行』の感想&あらすじ。必死に解釈してみた!

森見登美彦さん『夜行』読了! 2017年の本屋大賞にノミネートされている作品です。森見登美彦さんの作家生活10年目の節目に、意気込んで書き上げたのだとか。 読んでみるとファンタジーなブックデザインからは想像できない、ゾッとするホラーな世界が広がっていました。解釈が難しくて、久し振りに2回読んだ小説です。